γ-GTPがシジミで正常値に回復

胃の一部切除のために肝臓に余計負担がかかる

唯一の楽しみはやっぱり、仕事の後の毎晩の晩酌です。仕事で疲れて帰った後、夫婦ふたりで杯を交わしてゆっくりと過ごすひとときは、何事にもかえられない幸せな時間です。

ところが、楽しい時間を過ごした後の朝になると体調は、最悪です。2人で焼酎を1瓶空けるくらい飲みますから、ほとんどの朝は、二日酔いでした。私はかつて大病をして胃の一部を切除していますから、その分、肝臓にも負担をかけたのかもしれません。γGTPが114と高く、肝臓をいたわるためシジミのみそ汁をよく飲むようにしたり、シジミの健康食品も摂るようにしました。しかし、どれも効果が得られず、落胆の思いを抱いていたのですが、国産素材の品質のいいサプリにしてから状況が劇的に変わりました。

相変わらずの晩酌は継続中でも肝臓の数値が改善

シジミを飲み始めてまず感じたのは、朝の目覚めのよさ。前夜どんなに飲み過ぎても胃の、むかつきがなくなり、日酔いになることがなく減りました。
また、仕事でへトヘトになってて帰ってきても、ひと晩眠れば疲れが吹き飛ぶようになりました。還暦を過ぎても毎日働ける体力の源は、飲み続けて1年以上になるシジミのおかげだと自信をもって言うことができます。

シジミの効果は、肝臓の検査数値にもはっきり現れました。酒飲みの証として、ずっと高かったγ-GTPの値が、114から29の正常値にまで下がったのです。
毎日好きなだけ飲んでいた私ですが、肝臓を元気にしてくれるシジミのパワーは、本当に素晴らしいと実感する毎日です。

食べ過ぎ、飲み過ぎで疲れ切ってしまった肝臓にはしじみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です