連日のアルコールのがぶ飲みで衰弱した肝臓がシジミで回復

布団から起きられないほどの症状が

私の場合、肝臓を悪くしたのは、間違いなくアルコールです。20代のとき、で24時間営業のラーメン店を経営していました。体を休めるときは母が店に立ってくれましたが、睡眠は連日3時間程度。
加えて、私はお客さんがすすめるお酒は絶対に断らない主義でしたので、深夜や明け方、バーやクラブで十分酔って来店されたお客さんからすすめられるお酒は、何杯でも飲みました。どんなに飲んでも楽しかったし、二日酔いなど苦になりませんでした。

さらに、休日ともなると昼間から飲んでいる生活。こんな生活が肝臓にいいわけがありません。気がつけば全身に黄痘症状が出て、極度の倦怠感に襲われ、高熱も出ました。このとき「飲み過ぎだ」と実感したのです。

しかし、2週間、布団から出られなくなり、食欲もなく、栄養補給はスポーツ飲料に頼るのみ。そのため、体重は75kgから58kgにまで病的にダウンしたのですが、幸い、友人がお見舞いに来てくれて、私の状態を見て博然。窮地を救ってくれました。

このとき友人からすすめられて飲んだのが、シジミです。シジミの効果は予想以上で、シジミ1日3回飲み始めたところ黄痘症状が1週間で消えたのです。シジミを飲み始めて直感的にこれは効きそうだ!と思いました。

そして食欲も戻り、ご飯も食べられるようになって体力が回復。100超えだった肝機能倦も順調に正常範囲に下降しました。シジミを飲むだけで、そんなに肝臓がよくなるものかと不思議に思われる方がいるかもしれませんが、これは私が体験したまぎれもない事実。シジミを飲むと、翌朝は必ず体がシャキッとした感じを覚えますので、即効性も高いと私は実感しています。

食べ過ぎ、飲み過ぎで疲れ切ってしまった肝臓にはしじみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です