不眠で悩む人は過剰なストレスによる脳疲労が原因になっているケースが多い

さまざまな不安が不眠の原因となる

最近、「寝つきがよくない」「夜中に何度も目覚めてしまう」「睡眠時間を十分なはずなのに体がだるい」といった、不眠の悩みを抱える中高年が激増しています。

不眠の主な原図は、体内時計を狂わす夜型の生活、過剰なストレス、運動不足などがあげられます。そして中高年の不眠の場合、 その大半に見られる原因が、過剰なストレスです。

年を重ねると、若いころにはらくにできた動作や作業ができなくなったり、自分の将来や健康に対する不安、子供の将来に対する不安などを抱えたりすることが多くなります。もちろん、不安そのもので私たちは眠れなくなるし、そうしたことが積み重なった結果、中高年の人は大きなストレスを抱えるようになるのです。それでなくとも、現代は「ストレス社会」と呼ばれるとおり、生活環境や仕事場噴から毎日のようにストレスを受けているものです。

こうしてストレスが過剰にたまってしまえば、不眠ばかりか鬱、神経症といった病気にまで陥る危険性が高まるのです。

通常、ストレスが加わると、自律神経(意志とは無問係に内臓や血管の働きを支配する神経)やある種の分泌物(ホルモン の機能を統合する中枢である「脳幹」がまず感知します。
すると、内臓の働きが活発になったり、体に必要なホルモンが分泌されたりするようになり、免疫力(病気から体を守る力)も強まり低下したりします。つまり、脳も体も休む時問がなくなり、不眠に陥ったり、ウツやだるさなど、さまざまな体の不調を招いたりします。

こうしたことから、不眠やウツなどの症状を改善するには、まず最初にストレスを取り除いて、脳の疲れを解消する必要があるわけです。

筋肉を緩めると脳が元気に

ストレスを軽減するためには「悩まないようにしましょう」とか「できるだけリラックスしてください」などと脳が疲れている人にいっても、簡単にできるものではありません。

では、ストレスを消して脳の疲れを取るためには、どうするのがいいのでしょうか。その筈えは、意外なところにありました。ストレスを退けるためには、なんと筋肉をゆるめることが最も簡単ですぐに効果が現れる方法だとわかったのです。

実は、脳と筋肉は密接な関係でつながっています。みなさんは、体を動かすことと脳を使うことは別物と考えているのではないでしょうか。ところが、運動を担う筋肉と知的活動をつかさどる脳は、切っても切れない問係にあります。例えば、満神的なショックを受けたとき、体がふらついたり手足がこわばったりしたことがあると思います。

こうした事実は、脳と筋肉が密接につながっているあかしといえるでしょう。こうした筋肉と脳の問係に着目し、独自に紺発したのが「バランスセラピー」というリラックス法。
これは、筋肉から脳への刺激によって、全身を無意識のうちにリラックスさせる方法です。

その1つに、筋肉の緊張をほぐして脳を活気づける「ホメオストレッチ」というリラックス法があります。ホメオストレッチは、ストレス解消の効果が大きく、慢性疲労や鬱の改善にも大いに役立ちます。
特に、ホメオストレッチの1つ「脳マッサージ整体」を試した人からは、「寝つきがよくなり朝まで熟睡できた」「ストレスや疲労感が解消された」「沈みがちだった気分が南前向きになった」といった声が次々と寄せられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です