γ-GTP330が下がり、二日酔いの頭痛、のどの渇きなどがシジミ パワーで改善

お付き合いのお酒も断らずに肝機能が回復

昼は喫茶店、夜はお酒をお出しする店を開いて、もう10以上に年になります。お客様とのおつき合いで、私も飲まないわけにはいかず、お店ではビールの中ビン4~5本は空けることが当たり前になっていました。

その後、お客様に連れられて、ほかのお店をハシゴし、帰宅するのは深夜12時過ぎです。毎晩のようにこうしたペースでお酒を飲んでいれば、肝臓がSOSを発信するのも無理はありません。GOT49、GET50、γGTPは330に悪化してしまったのです。

女性のγGTPは32以下が正常値ですから、私の数値は10倍以上。医師からは断酒を強く言われましたが、仕事柄、お酒と完全に縁は切れません。

そんなとき、近所のお寿司屋さんで青森県出身の方と出会って、「シジミを飲むと肝臓にいい。昔から津軽では有名なこと」と聞いたのです。
そこでさっそく、シジミ毎日飲み始めてみると、これは確かに肝臓を助けてくれる!とすぐ実感できました。これまでのようにハシゴをして夜遅くまでお酒を飲んでも、二日酔いに悩むことがなくなったたのです。ガンガンする頭痛も、カラカラののどの渇きもなく、朝の目覚めはスッキリ爽快。

お酒の量はまったく減らしていないのに、この体調のよさは驚くほどで、私はシジミあらためてほれこみました。肝機能の検査データにも、シジミの実力は明快に現れました。

一番最近の検査では、GOT18、GPT11とそれぞれてきめんに下降。そして、懸案事項だったγGPTも、ほぼ3分の1の25まで大幅に改善したのです。

シジミを切らすことなく、いつも手元に置いておけば、γGPTは正常レベルに安定する。その手応えをはっきりとつかみました。今のお店をますます楽しく、笑顔で続けていくために、私にとって手放すことのできない肝臓の友です。

食べ過ぎ、飲み過ぎで疲れ切ってしまった肝臓にはしじみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です