純炭粉末で糖尿病によるAGEの蓄積を予防したら花粉症の目のかゆみ・鼻水まで改善

3ヶ月で体重が15キログラム減、ヘモグロビンA1Cが10

体重が九年前に突然、急減しはじめました。自分はガンでは?と不安で夜も眠れなくなりました。のどが異常に渇き、発汗、動悸が続き、3ヶ月で15キログラムもやせました。

病院を受診したところ血糖値が高く、ヘモグロビンA1Cは10に近かったと記憶しています。30歳になってから、毎年のように境界型糖尿病を指摘されていたので、いよいよ糖尿病になってしまったかという思いでした。

ところが検査の結果、自分の免疫細胞が膵臓を異物として攻撃することで発症する「1型糖尿病」であることがわかりました。当時、糖尿病に1型と2型があることすら知りませんでした。

若年発症がほとんどである1型糖尿病とわかり、医師からは「非常にまれなケースとまでいわれてしまいました。それからは朝・晩の1日2回、インスリンの注射を打っています。三度の食事の前には、糖の吸収を遅らせる薬も飲んでいます。

治療効果はすぐに現れて、ヘモグロビンA1Cは6.0まで下がりました。55キログラムまで落ちた体重も、62~63キログラムまで戻りました。その後もヘモグロビンA1C6.0前後と、比較的良好な血糖値を維持していました。

純炭粉末100%の健康食品「きよら」を飲みはじめたのは、それからすぐでした。純炭粉末は、新型活性炭。国産の結晶セルロースから作られています。

糖尿病とわかったころから、実は花粉症の症状もひどく悩まされていました。目のかゆみと、常時垂れ流しといっていいほどの鼻水で困っていました。そんなとき、友人がすすめてくれたのが純炭粉末100%の粒食品でした。

目安量の6粒を3回くらいに分けて飲むのが一般的だといわれたのですが、薬との飲み合わせを考えて、寝る前にまとめて4粒飲むようにしました。

純炭粉末は、悪玉菌が作るアルカリ物質を吸着して体外に排出します。その結果、善玉菌が住みやすい腸内環境が整えられ、アレルギー疾患の改善まで期待できるのです。
花粉症の改善に良いサプリメントはこちらにもあります

ただし、薬を吸着する場合もあるので、服薬中の人は、薬と純炭粉末100% の粒食品を飲む時間を1~2時間ずらさなければいけません。

腸がきれいになりAGEの数値も正常に

純炭粉末100% の粒食品を飲みだしてから、腸の調子もよくりました。大腸ガンになり、初期だったので、内視鏡で取ってもらったのですが。その後、年1回の検査を続けていて、毎回大腸の写真を撮ってもらっているのですが、純炭粉末100% の粒食品を飲みだしてから、「腸がきれいになった」と医師に言われました。

それから病院で肌のAG E の蓄積量を調べてもらったところ、同年代の平均的な数値だとわかり安心しました。AGEの蓄積量は、糖尿病合併症である血管障害を引き起こす指標ですので。

糖尿病でない人でも加齢で増えていきますが、糖尿病の人は急速にAGEが蓄積していくことが、近年わかってきたそうです。AGEの蓄積を防ぐには、血糖管理はもちろんのこと、食品に含まれるAGEの摂取量を減らす努力も大切です。AGE測定の結果を見て、とてもうれしくなりました。

自宅で血糖値を下げるでは、日々の生活習慣の中で血糖値を下げるための行動を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です