腎不全の元凶 AGE を9割以上吸着する「純炭粉末」

糖尿病合併症の元凶は糖化たんばく質「AGE」

「AGE」については、NHKの健康情報番組特集されてから、知名度が急激に上がりました。AGEは、わが国で急増中の糖尿病と深いかかわりを持つ悪玉物質です。
「純炭粉末 きよら」はAGEを排泄します。

自覚症状のない糖尿病で最も怖いのは、全身に起こる合併症です。3大合併症(糖尿病の合併症についてはこちら)として知られる神経障害、網膜症、腎症のほか脳卒中心筋梗塞が代表的です。

高血圧や非アルコール性脂肪性肝炎、ガンや認知症などとの関連も明らかになってきました。糖尿病合併症の起こる危険度は、糖尿病になった直後の食後血糖値の改善努力でほぼ決まると報告されています。

この報告からわかるのは、血管や臓器に蓄積されたAGEが合併症に関与しているということです。いいかえると、AGE こそ糖尿病合併症の元凶だと明らかになってきたのです。

とはいえ、血糖コントロールを怠ってきた人も絶望する必要はありません。AGEをこれ以上増やさない「抗糖化対策」をご紹介します。

そもそもAGEとは、ブドウ糖や果糖がたんばく質と化学結合してできた老化物質のことです。血液中のたんばく質が高血糖にさらされるたびに生成され、高血糖にさらされた時間の分だけ、血管や臓器に蓄積していきます。

「高血糖の記憶」という新しい概念です。AGEの中にはかなり強い酸化、炎症力を持つものがあり、血管や臓器をじわじわと傷つけていきます。こうした影響が具体的な症状となって表に出てきたものが、糖尿病合併症というわけです。

血管や臓器に蓄積されたAGEは、とてもゆっくりと代謝されます。人間の一生の長さを踏まえると、一度できたAGEは減らせないものと考えていいでしょう。
あるときを境に心機一転して血糖管理に励んでも、長年の「ツケ」を返すのはそう簡単ではないのです。

ところでブドウ糖は、エネルギー源で生きていくために必要な栄養素です。そのため糖尿病でなくても誰の体内でもAGE は絶えず作られています。

平均的な健康寿命より15年ほど短命である、と報告されている糖尿病患者。老化を早めている原因がAGEであることを裏づける報告の1つです。

非糖尿病の人でも加齢に伴いAGEは増えていきます。AGEの蓄積を防ぐ最も簡単な方法は、食べる順番を変えることです。炭水化物を含む主食の前に、糖質の分解や吸収を緩やかにする食物繊維が豊富な食材を食べるだけで、血糖値の急上昇が抑えられます。白米を雑穀・大麦・玄米ご飯に変えるのも、有効な手段の1つです。
食べながら血糖値を下げるはとても役立つ情報が満載です。

もう1つ、ぜひとも実践していただきたいのが、食後のウォーキングです。食事で増えたブドウ糖は、筋肉のエネルギー源になります。

15~30分歩くだけでもブドウ糖が消費されて、高血糖が改善するのです。AGEの生成は、体内の酸化によって促されることもわかっています。
食事では、食後高血糖や酸化ストレスを抑えてくれる野菜やキノコ、海藻類などを多くとるようにするといいでしょう。食事の最初にこれらを食べるとより効果的です。

なお、わずかな食後血糖値の上昇でも、AGEは生成されるとわかってきました。

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です