入院しても治らなかった骨髄腫が活性酸素水で改善

1日に2リットル飲んだら1ヶ月で大幅改善し3ヶ月後に仕事へ復帰

初期の多発性骨髄腫と診断されたのは、今年1月です「左足に血栓ができて、入院治療を受けたときにわかりました。

多発性骨髄腫は、血液ガンの一種で、感染に対する抵抗力が低下して、肺炎にかかりやすくなると、医師からいわれました。また、出血しゃすいうえに、わずかな力でも骨折することが多いとのこと。正常な血液を作る骨髄の働きも、障害を受ける病気だそうです。
初期とはいえ、ふだん聞き慣れない病名で心配になりました。1ヶ月間ほど入院して、治療を受けたところ、血栓は解消しました。

ところが、初期の段階では多発性骨髄腫に効く薬も治療法もなく、病状を見守るしかないと医師からいわれてしまいました。

退院後は、油や塩分を控えめにした野菜中心の食事療法と、血液の流れをよくするために水分を多くとるように指導を受けました。

少なくとも、1日に2リットルの水を飲むようにいわれました。治療効果のある水がないかと探していたところ、知人から活性水素水を紹介されました。

活性水素水は、ミネラルが豊富で、ガンを引き起こす活性酸素を退治する水であることを知りました。なんとしてもガンを克服したいと、早速、活性水素水生成器を購入して、飲みはじめました。

活性水素水は、味がまろやかなのでとても飲みやすいのです。薬ではないので、抵抗なく飲むことができました。妻も娘もおいしいと、家族全員で飲んだのです。

1日に2リットル以上を飲むように心がけました。飲み水以外にも料理に使ったので、多い日では、3リットルは飲んだのではないでしょうか。

活性水素水を飲みはじめて1ヶ月後に、定期検査のために病院へ行きました。検査の結果、腫瘍マーカーの数値が著しく減っていたのです。

活性水素水のことを知らない医師も、驚いていました。「入院していたころと比べて、顔色がいちだんとよくなりました。そしてなんと再び店に出て働いています。

自覚症状はまったくないので、つい、重い荷物をを運ぼうとするのですが、妻や娘から、やめてくれといわれます。骨髄腫は、骨に力が加わると骨折のおそれがあります。

初期の段階では、適度に体を動かすことが必要なので、そのかねあいがなかなか難しいのです。定期検査で、腫瘍マーカーはほぼ正常に近い数値になりました。医師からガンの告知を受けた当初は、私も家族も、無理をして明るく振る舞っていました。活性水素水を飲みはじめてからは、病状も治まって、前と同じように笑い声が絶えない家庭に戻りました。

活性水素水で実際に病気を治したレビューはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です