糖尿病合併症の元凶は糖化物質「AGE」で食後に血糖値が急上昇する人は注意

AGEはいったん作られると分解・排出が困難で体内にどんどん蓄積する

糖尿病というと、「のどが渇いて水を大量に飲む」「傷が化膿しやすくなる」といったイメージを持つ人が多いと思います。しかし、こうした自覚症状は、かなりの高血糖(血液中のブドウ糖濃度が高い状態)にならなければ現れないのです。

症状がほとんどないからといって高血糖を放置したり、初期段階での血糖コントロールが不十分だったりすると、後になって厳格な血糖コントロールを開始しても、合併症の発症や進行を防ぐのは極めて難しくります。

最近の研究で、糖尿病合併症の発症・進行には「AGE(終末糖化産物)」という物質が深くかかわっていることがわかってきました。
まずは、AGEについてです。AGEは、ひとことでいえば、糖とたんばく質が結合してできる物質。人間の体に限らず、糖が存在する食品の中でも作られます。

私たち人間の体では、高血糖の状態が続くと血管から糖が浸み出して、体を構成しているたんばく質と結びついてAGEが作られます。これを「糖化反応」と呼びます。体内で行われる分解や合成などの化学反応は、通常、酵素(化学反応を助ける物質)のカを借りて行われます。

ところが、糖化反応は酵素を媒介とせず直接行われます。糖尿病で血液中に過剰なブドウ糖がある場合、ブドウ糖はたんばく質と結びついて一部が変性ブドウ糖(アマドリ化合物)となります。そこに、さらにブドウ糖が結合してGEは大量に作られるのです。

血液中の過剰なブドウ糖は、こう特に、コラーゲン(膠たんばく質)やエラスチンなどのたんばく質にべタベタとよく結合します。
私たちの体にあるたんばく質のうち約3割を占めるのがコラーゲンで、血管壁や肌などの組織も主にコラーゲンで構成されています。そして、エラスチンというたんばく質が、コラーゲンのすきまを埋めて組織に弾力性を与えています。

ブドウ糖がコラーゲンやエラスチンなどにくつついてAGEに変質すると、血管は古くなったゴムのように硬くなるのです。「血液中に常に増えた糖によって血管が傷つく」のは、そのためなのです。

また、人間の体内にはAGEEと結合するカギ穴のような働きを持つ受容体(物質からの刺激を受け取り、細胞などに情報を伝える器官) が存在します。

高血糖状態が続いたり、AGEを多く含む食品を食べたりすると、血液中にもAGEが増えます。そのAGEが受容体にはまると酸化や炎症を引き起こすのです。
すると、組織から弾力性が失われ、血管がボロボロになる一因となります。この受容体は、血液中のAGEが増えると増加することがわかっています。特に細い血管ほどAGEに冒されやすいため、毛細血管の多い腎臓・目の網膜・神経に傷がつき、動脈硬化(血管の老化) が進行して合併症が引き起こされます。

AGEとなった糖とたんばく質の結びつきは非常に強力で、いったんSGEが生成されると分解されることはなく、体外にはなかなか排泄されずに蓄積していきます。

食べすぎ・早食いは食後に血糖値を急上昇させて毒性の強いAGEを作ると判明

体内に蓄積されたAGEこそ「高血糖の負債」の正体なのです。

食べすぎや早食いをすると、血糖値が一気に跳ね上がります。すると、体内ではどのような変化が起こるのでしょうか。2型糖尿病(主に生活習慣が原因で起こる糖尿病) にかかりやすいラット(実験用のネズミ)や糖尿病患者さんを対象に研究を行いました。その結果、食後の血糖値上昇に伴って、特に毒性の強い種類のAGEが作られることを発見したのです。だからこそAGEが大量に作られないよう、早食いや大食いの人は要注意。毎回食べすぎをくり返せば高血糖の状態が続き、AGEがどんどん作られて、体内に大量のAGEを抱えることになります。

AGEは、細い血管だけでなく、太い血管でも動脈硬化を進行させます。太い血管の動脈硬化は、心血管系の病気(心筋梗塞や脳卒中など)の危険度を高めます。

際、糖尿病の患者さんのうち約4~5割が、心血管系の病気で死亡し、寝たきりや認知症になる人も少なくないのです。また、糖尿病の患者さんは、健康で若々しく過ごせる「健康寿命」が男女とも約15年短いこともわかっています。このようにAGEは、生命を脅かす怖い物質でもあるのです。食事のさいは、野菜を先に食べると糖の吸収が緩やかになり、食後高血糖の予防になるのでおすすめです。
シモン茶で300mg/dlの血糖値を下げた例もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です