ヘモグロビンA1Cが5.2以上なら食後高血糖の危険性大、動脈硬化が進行しやすい

空腹時血糖値だけでは高血糖の判定はできず直近の血糖値の平均を示すヘモグロビンA1Cが重要

糖尿病と血糖値の関係は深く関係していますが、まず血糖値についてです。血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のこと。食事をすると血液中のブドウ糖の量が増え、血糖値が上昇します。

血糖値が上がると、膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンの分泌量が少なかったり、十分な量が分泌されていても働きが悪かったりすると慢性的な高血糖の状態が続き、糖尿病を引き起こすのです。

食後に高くなった血糖値は、健康な人の場合はインスリンがすぐに分泌されるため、血糖値はそれほど上がらず、短時間のうちに下がって元のレベルにります。

糖尿病の診断で多く用いられているのは空腹時血糖値で110mg未満なら正常と判断されます。ところが、血液中のブドウ糖の量は、そのときの食事内容、体調、ストレスなどによって変化しやすく、安定した測定ができません。検査の前だけ節制すれば、血糖値を低くすることもできてしまいます。

そこで重視されだしたのがヘヘモグロビンA1Cです。ヘモグロビンとは、血液中の成分である赤血球に含まれる色素のこと。ヘモグロビンは、一部が血液中にあるブドウ糖と結合しており、一度結合すると離れないという性質があります。ヘモグロビンA1Cの検査では、ヘモグロビンにブドウ糖がついた状態の物質が血液中に何% 残っているかを測定します。

ヘモグロビンA1Cの寿命は1~2月なので、直前に食事を制限しても急に変化することはなく、過去1~2ヶ月間の平均血糖値を反映してくれます。
そのため、空腹時血糖値とヘモグロビンA1Cの2つを合わせて、糖尿病の診断の指針にすることが一般的になっています。糖尿病学会などでは、以下にあるように、ヘモグロビンA1C、4.3~5.8八未満が正常、5.8~6.1未満が糖尿病の可能性、6.1以上が糖尿病と判断されます。

ヘモグロビンA1Cの基準値

  • 基準値/4.3~5.8未満
  • 糖尿病の可能性/5.8~6.1未満
  • 糖尿病/6.1以上

しかし、老人保健法では、5.5以上でも糖尿病の可能性がある群に分類されています。こんな実験があります。空腹時血糖値が100~109mgの人たちを選んで、ブドウ糖負荷試験を実施。2時間後の血糖値が140mg以上になった人を境界型、140mg未満になった人を正常型と分類し、この2つのグループの人たちのヘモグロビンA1Cを調べたのです。

その結果、ヘモグロビンA1C5.5以上の人はブドウ糖を飲んだ後、時間が経過しても血糖値が下がりにくいことが明らかになりました。以下の表を見ていただければおわかりのとおり、ヘモグロビンA1Cが5.4以上の人たちは、空腹時血糖値が100mg程度でヘモグロビンA1が5.8未満の基準域内であっても、食後の血糖値が高い状態を維持しています。

健康な人では、食後2時間後の血糖値が140mgを超えることはまずありませんから、血糖の調整に異常が起こっていると考えられます。

のような研究結果などを踏まえて、特定健診(メタボ健診では空腹時血糖値の基準値は100mg未満、境界型は100~126mg糖尿病は126mg以上となっています。またヘモグロビンA1CCでは5.2未満が基準値、5.2~6.1未満が境界型、糖尿病は6.2以上となっています。ヘモグロビンA1Cが5.2以上の人は、食後一向血糖の危険が十分にあるということです。

ヘモグロビンA1C55.2以上は食後高血糖の危険性大
  境界型 平均型
空腹時血糖値 103 103
負荷30分後 173 167
負荷60分後 197 167
負荷120分後 171 109
ヘモグロビンA1C 5.49 5.41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です