風邪をこじらせてから耳鳴りの症状があらわれニチニチ草で2週間で改善

過労で風邪をこじらせ耳づまりが生じキーンという耳鳴りも起こる

私は、オフィス関連機器を販売する会社を経営しています。20代後半から10年以上小売店で働いていたのですが、5年ほど前に独立して現在の会社を立ち上げました。
もともと人と接することが好きで、精力的に営業活動を行い、少しずつ顧客を増やしていきました

友人や知人に会社の経営者を紹介してもらって営業に出かけたり、インターネットで知り合った方との交流が仕事に発展したりと、さまざまな形で人脈を広げていきました。一方で毎晩のように食事会や飲み会が続き、休日もゴルフやバーベキュー大会などの接待で外出することが多く、ゆっくり体を休める日もありませんでした」仕事にまい進していましたが、確実に体に疲労が蓄積していったようです。

四十歳を過ぎたころから、体調をくずすことが増えたんです。あるとき、風邪をこじらせたことがありました。鼻づまりがひどくて鼻をよくかんでいたら、左耳が聞こえにくくなって、キーンという耳鳴りも起こるようになったんです。
はとんど医者にかからない私ですが、耳鳴りが気になったため、耳鼻科を受診ました。

医師からは、風邪症状の1つではないかといわれ、抗生物質を処方されました。薬が効いたのか、しばらくすると、風邪は治りました。

しかし、左耳に何かがつまっているような違和感が残り、耳鳴りも起こるようになったんです。車での移動中などに音楽を聞き、気分転換をしますが、耳鳴りが気になりはじめてから、以前のようには音楽を楽しめなくなってしまいます。

左耳がつまっているように感じ、耳が聞こえにくくなってしまったんです。そのせいで、音楽を聞く回数も減ってみしまいました。
病院で診てもらうことも考えたのですが、仕事の忙しさにかまけて、何も対処はしませんでした。

定期的に開催されていた大学時代の友人や後輩との交流会で耳の不調の話をしたところ、後輩の1人がニチニチ草を教えてくれました。

後輩の同僚も耳鳴りと難聴に悩んでいたようですが、ニチニチ草の粒食品を飲みはじめてから、症状が改善したというんです。軽い気持ちで試してみようと思いました。

周囲の音や話し声がはっきりと聞こえ疲れやだるさが解消

ニチニチ草の粒食品を朝食後に1一粒、就寝前に2粒の1日計3粒を飲みはじめました。すると、2週間後には明らかな変化が実感できました。
2週間ほどで、左耳の耳づまり感がさほど気にならなくなり、キーンという耳鳴りが起こってていないことに気づいたんです。まわりの音や話し声も以前よりはっきりと聞こえるようになりました。
その後もニチニチ草の粒食品を飲みつづけたところ、1ヶ月後には耳のつまるような違和感が解消しました。

血行がよくなったのか、疲れやだるさを感じることも少なくなりました。音楽鑑賞も再開しました。車を運転しているときに音楽を聞くことで気持ちの切り替えができるおかげでしょうか、以前にも増して仕事に集中できるようになりました。

現在は、ニチニチ草の粒食品を飲む量を就寝前の2粒に減らしています。耳鳴りや難聴が再発する兆しはまったくなく、毎日を健康に過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です