米ぬか脳活性食は働き盛りの低下した集中力・気力が1ヶ月で回復

震災のストレスで爆発寸前

川崎は被災地ではありませんが、3月11日の東日本大震災では大きな揺れの影響がありました。震災の後、不安を訴える方が急増しました。震災による精神的な疲労はかなり大きいものだったと思われます。

風邪気味の方が、「不安のため眠れない」「心臓の鼓動が気になってしかたがないので、心臓の病気ではないだろうか」「めまいに悩まされている」と訴える方が多くいます。

利益や効率が重視されるいまの日本では、「疲れている」「ストレスを感じている」「落ち込んでいる」と、弱音を率直に口にすることがためらわれる風潮があります。

そんなぎりぎりの状況の中で仕事や家事をがんばっていた人たちが、今回の震災でさらなる「震災ストレス」に見舞われ、心身の不調が起こっているようです。

さまざまな不調は、実は副腎の疲労(アドレナル・ファティーグ) で起こっているものが多いと考えられます。生命や健康を維持するために、副腎(副腎髄質、副腎皮質)からはさまざまなホルモンが分泌されています。

副腎髄質からはアドレナリンやノルアドレナリンといった抗ストレスホルモンが分泌され、心拍数や血圧を上げることで体をストレスに対抗できる状態にします。副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、血圧や血糖を上昇させる抗ストレスホルモンです。

ホルモンの原料には限りがあります。抗ストレスホルモンだけがどんどん分泌されると、性ホルモン(男性ホルモンや女性ホルモン) など、ほかのホルモンに使用されるはずの原料まで抗ストレスホルモンに使われるようになhソます。

すると、ほかのホルモンははとんど分泌されなくなるのです。やがて、副腎は疲れ果ててしまい、副腎からは抗ストレスホルモンさえ、ほとんど分泌されなくなってしまいます。

ホルモンの分泌が減ると、心身にさまざまな不調が起こってきます。この状態が、副腎の疲労アドレナル・ファティーグなのです。副腎が疲れてしまうと、体が重くなり、なんとなく体調がすっきりしない感覚に悩まされます。そのため、コーヒーやチョコレートなどのカフェインの摂取で興奮状態を作り、なんとかストレスに対抗して生活している人は珍しくありません。

腎の機能が低下すると、アレルギー疾患の発症、関節の炎症、免疫力の低下、女性は月経前症候群や更年期障害に悩まされるようになります。

副腎の疲労は精神状態にも影響し、不安、恐怖、うつ状態などを引き起こします。また、集中力や記憶力が低下し、イライラするようになります。不眠症を引き起こしたりもするのです。

ストレス対処カを高め副腎の疲労を一掃

震災後に心身の不調を訴えてきた方たちも、副腎が相当疲労しているものと思われます。副腎の疲労で不安やうつ状態が表れたときは、ストレスにしっかりと対処することで改善できる場合が少なくありません。ストレスへの対処能力を高めてくれる食品が、米ぬか脳活性食です。

集中力や記憶力、気力の低下を訴えるビジネスマンや女性社員の方が少なくありません。このような方たちに、ガーデンアンゼリカが少ないタイプの米ぬか脳活性食を1日1包、朝に服用するようにすすめると、2~3ヶ月のうちに改善する人が多いのです。

副腎が疲労している方の体では、たくさんの抗ストレスホルモンが分泌されることでサイトカインも増えるため、脳の神経細胞は炎症を起こしてオーバーヒート(過熱)状態になります。

また、過剰な抗ストレスホルモンは記憶をつかさどかいばる脳の海馬の神経細胞を減少させ、認知症の原因にもなることがわかっています。

米ぬか脳活性食には強い抗酸化作用(活性酸素を抑える働き)があり、脳の炎症を抑えます。また、海馬など記憶にかかわる部位に働きかけ、神経細胞の減少を抑えます。そのため、ストレスへの対処がうまくできるようになり、結果として副腎の状態も調整されて副腎の疲労が軽減されるのです。

米ぬか脳活性食「バイオブラン」はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です