いびきは突然死も引き起こす「睡眠時無呼吸症候群」を防止するのは横向き寝がいい

横向き寝専用の枕も

これまでにイビキを指摘されたことはないでしょうか?「イビキは熟睡している証拠」などと思われがちですが、それは問違い。命を奪われかねない病気のサインかもしれません。

イビキをかく人は、眠っている問に呼吸が何回も止まる「睡眠時無呼吸症候群」に陥っている可能性が非常に大きいのです。
無呼吸とは、呼吸が一晩(7時間睡眠)で30回以上停止する場合と定義されています。
高齢者の診断基準と重症度の判定

睡眠時無呼吸は、この無呼吸が一晩(7時問) の睡眠中に30回以上、あるいは1時問に5回以上、断続的にくり返す病気です。睡眠時無呼吸になっても、呼吸は必ず再開するので、無呼吸が原因で命を落とすことはほとんどありません。

しかし、何度もくり返すことによって、循環器系に大きな影響を与えます。突然死にもつながる高血圧・心筋梗塞・脳梗塞などの発症リスクが高まることがよく知られています。

また、熟睡できないために、昼問に強い眠けに襲われ、交通事故や大きなミスを引き起こしかねません。JRでも大きな事故のニュースがありました。
睡眠時無呼吸症候群の特徴は、「大きなイビキ」「昼問の強い眠け」で、肥満や下あごの小さな痩せている女性に多く見られます。

特に大きなイビキをかく人は、ほぼ全員が睡眠時無呼吸症候群の予備群で、その70%はは睡眠時無呼吸と診断されています。そもそも、イビキはあおむけに横たわり、顔を天井に向けて寝る人によく起こります。

顔を天井に向けて寝ると、気道が狭まり、舌根(舌のつけ根)や軟口蓋(口の奥で通気を調節している柔らかい部分)が空気によって琴えます。この振動で発生するのがイビキです。

起きているときは気道が広がっているため、鼻から入った空気はスムーズに流れます。ところが、寝ているときは筋肉が緩むため、舌根や軟口蓋がのどの奥のほうに下がります。すると、空気の通り道である気道がふさがれて、呼吸できない状態が起こります。これが睡眠時無呼吸症候群なのです。

睡眠時無呼吸症候群は、多くの場合、 横を向いて寝る「横向き寝」をすることで予防・改善できます。横向き寝をすると、舌根や軟口蓋がのどの奥のほうに垂れ下がらなくなるので、気道がしっかりと広がった状態が保たれ、イビキも起こらないし、睡眠時無呼吸も起こりません。私は、

睡眠時無呼吸症候群の方に横向き寝をすすめて、治療効果を上げています。横向き寝を行うには、背中枕や抱き枕を使うと効果的です。また、横向き寝の専用枕も市販されているので、そうしたものを利用するのもいいでしょう。
抱き枕でおすすすめのは「王様の抱き枕」です。

抱き枕の特徴は枕のへこみ部分に頭がすっぽりと自然に収まる感じで、とても寝心地がいいのです。「横向き寝枕を使ったら、数日で朝のガラガラ声が解消されてしまう人もいます。
夜中に2、3回は日が覚めて困っていたのに、ほとんど目が覚めずに熟睡できるようになるなどいびき解消のための枕が直接、快眠につながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です